2008年02月06日

搭乗手続き(ケアンズから)

列が出来ている後ろにパスポートと飛行機のチケット、
そして重いスーツケースを持って並ぶ。
確か預ける荷物って重さが決まっていたよね?
一つ32キロだったような?
明らかに重量オーバーしているスーツケース。
「ま、突っ返されたら荷物出せばいいんだし」
と思いつつも自分の番がくるまでハラハラしながら並ぶ。

係りの人に「どれ預けるの?」
と聞かれたので[これとこれ」
といって預けてみました。
重さだいじょうぶ?と係りの人に聞いてみたら
『OK』
ウィンクと共に返事が。
ありがとう、サービスしてくれたのねε-(*´ω`*) ホッ

*今は厳しくなっているようですから、みなさんは重さを守りましょうね。

窓際の席を頼むとこれまたOK!
いい人に当たったなあと感謝感謝の搭乗手続きでした。

さて、搭乗手続きが終わったのでまたJTBの係りの人のところへ。
再び出国審査についての説明と共に
出国審査入り口のゲートのところまで一緒に来てくれました。
このゲートをくぐれば、そこはもうケアンズではなく外国。
でも、もう何の用事も無いのでJTBの方に別れを告げて
すっとくぐり出国審査へと進みました。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。