2006年05月09日

入国カード

オーストラリアに入国するには
「入国カード」が必要です。
これは、行きの飛行機の中で配られるのですが
記入に自信のない方には4000円位で旅行会社が代行してくれるそうです。

でも『もったいない。』ということで、自分で記入する事に。
実際に飛行機の中で書いてみると、ちょっと戸惑うところもありましたが、ほとんど問題なく記入できました。
これで、4000円取ろうだなんて、ちょっとねえ…と思える位、難しくは無かったです。
(*質問事項は全て日本語で書かれていたので何を書けば良いのか分かります。
ただし記入は全て英語で。下の欄の署名もローマ字で書きましょう(^O^)

宿泊先住所とホテル名と電話番号は事前に控えておきましょう。
(ホテル名や住所は、もちろん英語で。住所は大雑把でよい。ケアンズにあるならCAIRNS、シドニーならSYDNEYと書くだけです)
それと、州の名前も必要です。
ケアンズはクイーンズランド州でしたのでQldと書きました。
もし書き方が分からないときは周りの人に聞いちゃいましょう。
みんな日本人ですから。なんとかなります(^O^)

あと、申告内容は該当するものは全て「はい」と正直に申告しましょう。
嘘をついたって、何の特にもなりませんし、
持ち込めないものは没収されるだけですので、
罰金を取られるよりは良いと思います。
ちなみに、飴とか機内で配られたパンやマーガリン、水など持ち込みましたが、正直に申告した為か何も言われませんでした。
(今は水などの液体は厳しい規制となっているので駄目かもしれません)
そうそう、記入するための鉛筆やボールペンなどの筆記用具は必携です。
忘れず機内に持っていってくださいね。
(もちろんパスポートも!)

書き間違い対策に鉛筆と消しゴムをお勧めします。
その上からボールペンで清書しましょう。
書き間違ってもアテンダントさんに言えばカードを貰えます。

それと、金平糖さんからのアドバイスで、着いた先のイミグレ(入国審査をしている所のホール)で日本語訳のついた入国カードがあるそうです。日本からの直行便ではなく、サイパンなど乗り継いでこられた人は英語で書かれている入国カードを貰うそうなので、心強いですね(^O^)

最後に記入例を書いてあるサイトを紹介します。
aswhoと言うサイトの中で書き方が書いてありました。
参考になさってください。
http://www.aswho.com/step/into.htm
この記事へのコメント
入国カード。機内ですごく揺れて、書けなかった記憶が…。しょうがないので、到着してからイミグレのところのホールで書きましたよ…。たしか、日本語訳のついた入国カードが、その書くところにあったような…。
Posted by 金平糖 at 2006年05月09日 15:44
そうなんですか!?
ホールの所に日本語訳のついたカードがあるなんて(@_@;)
それを知っていれば、わざわざ揺れる飛行機の中で書かなかったのに。
でも、次に生かせますね\(^O^)/ありがとう
Posted by あは(@_@;) at 2006年05月11日 13:27
あっ、でもそれシドニーだからな…。
でも、ケアンズの方が、日本人観光客多いし(たしか)あると思うよ〜
Posted by 金平糖 at 2006年05月12日 15:26
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
<% content.header -%>
オーストラリアについて旅行の準備ちょっとよこみち
アクティビティ 旅行関連SHOP紹介オーストラリアのリンク集
旅行記(初日)
日本から初海外゙へ!
旅行記(2日目)
観光列車〜動物探検ツアー
旅行記(3日目)
ヘリでG.バリアリーフ観光
旅行記(4日目)
ケアンズの店と街
旅行記(5日目)
ラフティング!!
旅行記(6日目)
日本へ帰る…の?
<% content.footer -%>
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。