2006年06月07日

初めての両替!

いよいよ、空港のロビーに出る。
「おお!人が沢山!」
ロビーの広さはコンビニ3つ集めたほどしかありません。
そこには各旅行会社の現地スタッフがお客さんの到着を待っています。
そして、その後ろには、しゃがんで待っているお客さんの姿がありまして、
どうやら全員揃うまで、みんな一かたまりにされているらしく、
ロビーは早朝だと言うのに、ごった返しています。

私はJTBなのでJTBのネームを付けた人を見つけて名前を告げました。
「あの〜、○○ですけど」
「ああ○○さんですか?お待ちしておりました。」
と明るいご返事。
もしかして私のせいで皆様を待たせているのかも?と思ったので聞いてみる。
「あの〜私が最後ですかねえ?」
「いや、あと5,6人いらっしゃいますので、ココに座ってお待ちください。それと、もし現地の通貨を持っていなければあちらの窓口で両替してくださいね」
そう言ったかと思うとすぐに、
JTBのスタッフさんは次のお客さんの為に元の位置に戻りました。

「ほ〜良かった、最後じゃなくて。」
ちょっと安心して、言われた場所に腰掛けて待つことに。

あっそうだ!両替しなくちゃ!
1ドルだって現地通貨を持っていなかったので、早速窓口の方へ。

空いている窓口は二つ。中にキレイなオネーサンがいます。
様子は日本の駅の『緑の窓口』みたいです。
と、ここで気付く。
「?どうやって両替するのかなあ?両替の仕方が分からな〜い!(@_@;)!」

当然と言えば当然のことですよね(^^ゞ
なにやら、窓口の前には紙が置いてあるし、それに何か書くのかなあ・・・
でも、英語で窓口のオネーサンに聞く自信は無い・・・
しばし悩む事、数分。
そうだ!いい人いるじゃない!

そうです、さっきのJTBの人です。
ふたたび、とっ捕まえに戻る!
「え?ああ、窓口にお金を差し出せばいいんですよ。」
苦笑いしながらも教えていただきました。

くそ〜こっちは知らないんだから仕方ないじゃないかよ〜
そんな「えっ?」みたいな表情しなくてもいいじゃな〜い<(`^´)>

と、思いながら、すぐに窓口へ。
ためしに2000円を窓口に差し出して見ると、
それを受け取ったオネーサンが、すぐさま計算して20ドル札とコインを数枚くれました。

『へ〜これが外国のお金か』
はじめて触れる海外のお金にさっきまでの不満も吹っ飛び、
ニコニコしながら眺めていました。

このとき両替した2000円は後になって
両替しておいて良かった!と思ったくらい大変貴重な20ドルとなりました。
これから行かれる方も、最低20ドルは準備しておいた方が良いと思います。

:ちょっと豆知識:
オーストラリアのケアンズでは、多くの所で両替手数料は掛かりません。
なので、両替は日本で行うよりも
レートの良いケアンズに来てから両替するといいでしょう。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
<% content.header -%>
オーストラリアについて旅行の準備ちょっとよこみち
アクティビティ 旅行関連SHOP紹介オーストラリアのリンク集
旅行記(初日)
日本から初海外゙へ!
旅行記(2日目)
観光列車〜動物探検ツアー
旅行記(3日目)
ヘリでG.バリアリーフ観光
旅行記(4日目)
ケアンズの店と街
旅行記(5日目)
ラフティング!!
旅行記(6日目)
日本へ帰る…の?
<% content.footer -%>
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。