2006年06月12日

キュランダ観光列車

バスから降りてきたのは、またまた昨日のアリーさん。
「オハヨウゴザイマス!」
とのっけから明るい声。
今日は朝に釣りしてから来ました!と言って助手席を指差す。
そこには釣竿が1本。
仕事前に釣りをして、そのままの格好で来てました。
さすがはオーストラリアです。
その明るいアリーさんのダジャレ会話と共にケアンズの駅に向かいます。

チケットなどの手配は既に済んでいるようで、
そのまま駅のホームへ。
お〜!
そこにはテレビで何回も見たキュランダ観光列車が!
キュランダ列車

さ〜て、今日はこれに乗って出かけるわけです。
意気揚々と乗り込む。
そこは木に囲まれた空間で、不思議な温かみを感じさせてくれます。

席に着いてアリーさんから観光ポイントを書いた紙を渡されて、
列車の説明と、注意事項を言われます。
アリーさんは列車に乗らず、ゴール地点で待っているそうです。

そうこうするうちに、列車も出発!
列車の中にはアナウンスが流れます。
もちろん英語です。
なので、途中で観光ポイントを説明してくれるのですが
よくわからず、写真を撮るタイミングが遅れてしまう事も・・・
液晶のテレビが壁についていて、そこでも説明の映像が流れますが、
そんなのは外の景色に目を奪われるので見ないですしね(^O^)
キュランダ列車からの映像
特にこの写真の時(急カーブで先頭列車を撮れる)はゆっくり走ってくれますが、窓から身を乗り出して撮影しないと
←こんな写真になってしまいます(ToT)
列車のデッキに出て撮影するのもお勧めです。
あと、デジカメには必ずストラップをつける事を勧めます。すべって落としては大変ですから(^O^)


キュランダ観光列車は途中バロンの滝で15分くらい止まってくれます。
出発するときは汽笛を鳴らしてくれますので安心して観光しましょう。

このキュランダ列車は乗ってよかったと思える観光の一つでした。
ぜひみなさんも乗って見てください。


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
<% content.header -%>
オーストラリアについて旅行の準備ちょっとよこみち
アクティビティ 旅行関連SHOP紹介オーストラリアのリンク集
旅行記(初日)
日本から初海外゙へ!
旅行記(2日目)
観光列車〜動物探検ツアー
旅行記(3日目)
ヘリでG.バリアリーフ観光
旅行記(4日目)
ケアンズの店と街
旅行記(5日目)
ラフティング!!
旅行記(6日目)
日本へ帰る…の?
<% content.footer -%>
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。