2006年07月07日

グリーン島その1

グリーン島は100%珊瑚で出来た島?(記憶違いだと困るので調べてきます)
だそうで、砂は全て白くてさらさらしています。
これも世界遺産の一つなのだから、記念に持ち帰りたいなあ
とは思ったモノの、もし罰則があると怖いので
それは止めにしました(^^ゞ

グリーン島で体験できるアクティビティは
・グラスボトムボート(船底がガラス張りで海中が見える)
・パラセイリング(二人がけの椅子タイプ)
・シーウォーカー(ヘルメットをかぶって海中散歩)
・シュノーケリング(ダイバーショップで貸し出してくれる)
・ダイビング(同上)
・クロコダイルパーク観光(小さな見世物小屋?)
・グレートバリアリーフ遊覧(ヘリコプターで10分間)
などがあります。

で、ただグリーン島にいてもつまらないので
この中のパラセイリングをしようと思い、申し込みに行ったのですが
なんと、この日は『休み』だそうで、乗れませんでした(ToT)

観光客がこんなに来ているのに「やすみ」なんですか・・・、
日本なら考えられないなあ。

こんなところでも「オージーのおおらかさ」を感じたのでした。

仕方ないので、島をぐるっと一周することに。
広場には案内所があったので、案内地図をもらおうと声を掛けると、
案内所の方が、
この地図は環境保護の観点から、自分に必要ないと思った場合、
使い終わったら返してくださると嬉しいです。
との言葉。

そうだよね〜、そりゃそうだ。
自然に対する優しい「オージー」もここにいました。

案内地図を片手に島を歩き始めます。
右回りで島を攻めることに。

まずは、ビーチへ!
白い砂浜をサンダルで踏みしめる・・・足が痛い(ToT)
サンダルのと足の間に砂が入り込んでいます。
海水で洗うも水から出るときに、また砂が入り込んでダメ。
結局、裸足でビーチを歩くことに。
これが、けっこう気持ちいいです(^^)v
さらさらとした感触が何とも言えず心地よい。
これで海がキレイだったら文句無いのにと思いました。
海岸沿いには流木等が沢山浮いて、みんなよく泳ぐなあ、というのが正直な感想でしょうか。
ここでは、日光浴をするのが正解のようです。

少し水と戯れて、広場の方に戻ろうとすると、また足が痛い。
これはこのままじゃ駄目だ、とシャワーを探すことに。
案内所のかたに、また助けていただく(^O^)

シャワーは全部で2箇所。
一つは無料の更衣室に備え付けてあるシャワー。
もう一つはダイバーズショップとプールの間のシャワー。

足を洗うだけなので、ダイバーズショップの方へ。

ここのシャワーは結構重宝します。
グリーン島に行ったら、まずはシャワーの位置を確認しましょう。

すっかり砂も洗い落として、さ〜て、今度は遊歩道を歩いて行きます!
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
<% content.header -%>
オーストラリアについて旅行の準備ちょっとよこみち
アクティビティ 旅行関連SHOP紹介オーストラリアのリンク集
旅行記(初日)
日本から初海外゙へ!
旅行記(2日目)
観光列車〜動物探検ツアー
旅行記(3日目)
ヘリでG.バリアリーフ観光
旅行記(4日目)
ケアンズの店と街
旅行記(5日目)
ラフティング!!
旅行記(6日目)
日本へ帰る…の?
<% content.footer -%>
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。