2006年07月09日

ポンツーンへ!〜途中マンタに遭遇

島を一周して戻ったところは丁度ヘリポートでした。
集合場所もそこだと聞いていたので、そのまま待つことに。

スタッフの方が新たなお客さんを連れてきて
いよいよ、アウターリーフへ向けて2回目のフライトです。

今度は2度目なので幾分リラックスして乗り込む。
飛び立つときには笑顔で手を振る余裕まであります(^O^)

再び眼下に広がるリーフ群を眺めての遊覧飛行に。
今度も、サービスでゆっくり飛んでくれます。

珊瑚礁をいろいろな角度から眺めていたその時
パイロットの方が「マンタ!マンタ!」
とさけぶ。
ヘリが更に高度を下げて行くと、
でっかい珊瑚礁の上をゆっくり泳ぐ「マンタ」の姿が。
いや〜感動です。
こんな生で泳いでいるマンタを見られるなんて。
ちょうど泳いでいるところは滅多に見られないそうで、
「ラッキー」
だそうです。
ちなみに写真を撮ったのですが、マンタの姿は確認出来ませんでした。
みなさんは何処に写っているか分かりますか?
この何処かにマンタが写っているはず(^O^;
急いで撮ったので私の手が入ってしまっているのはご愛嬌ということで(^^ゞ

さていよいよ、ポンツーンへ向かいます。

ポンツーンが見えてきたその時
向こうに見える雲が壁となってぐんぐんと近づいてきたと思ったら
ざーっと大粒の雨が!
さっきまでの晴天の空は何処へ?
下の海も荒れています。
ヘリの窓からも雨粒が入ってきて、痛いのなんのって(^^ゞ

それでも、冷静にヘリポートに着陸するパイロット。
ヘリポートには天蓋の着いた船が横付けにされていて、
そこには次の乗客が待っていました。
皆、大揺れの船にしがみついています。

私達がヘリから降りると、みんな笑顔で迎えてくれました(^^)
が、激しい雨のために化粧が落ちている方も・・・
それくらい激しい雨の中で待っていたのかと思い
船の中をのぞくと、案の定そこは水浸し(-_-;)
天井の布の意味無し。

びしびしと顔面に降り注ぐ雨の中、
飛び立つヘリコプターに(^O^)で手を振り見送りました。
ヘリの姿が小さくなってからボートはポンツーンに向けて出発(1分ほど)

揺れる揺れる。
ポンツーンに乗り移るときも揺れて大変でした。
なんとかポンツーンに乗り移り
いよいよ、アウターリーフを満喫する時間がやってまいりました\(^O^)/
この記事へのコメント
綺麗!
溜息出ちゃうほど、綺麗に澄んだ海ですね。
どれどれ、マンタちゃん・・・マンタちゃんっと
・・・み・・・み・・・見えないっ!!
でも、海ってこんなに綺麗なものだったんですね〜。
心が癒されますぅ〜。
Posted by ぼのぼの at 2006年07月10日 00:24
ぼのさんでも、マンタちゃんは見つけられませんでしたか〜。
残念(^^ゞ
肉眼では、はっきりとユラユラ泳ぐマンタの姿を見たんですよ〜

海は自分の知っている海とは違うものでした。
綺麗で輝いていて、そしてブルー。
心癒されましたよ〜。
惚れちゃいました。
もう一度ヘリに乗って眺めて見たいです\(^O^)/
Posted by あはっは\(^O^)/ at 2006年07月11日 00:31
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
<% content.header -%>
オーストラリアについて旅行の準備ちょっとよこみち
アクティビティ 旅行関連SHOP紹介オーストラリアのリンク集
旅行記(初日)
日本から初海外゙へ!
旅行記(2日目)
観光列車〜動物探検ツアー
旅行記(3日目)
ヘリでG.バリアリーフ観光
旅行記(4日目)
ケアンズの店と街
旅行記(5日目)
ラフティング!!
旅行記(6日目)
日本へ帰る…の?
<% content.footer -%>
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。