2006年07月11日

シュノーケリング

ポンツーンの端のほうに沢山のライフジャケットと
足ひれ、シュノーケルがありました。
これで、海の中を眺めて楽しむそうです。

でも、使い方が分からない。
船で来た方は説明を受けているようでしたが、私は全く聞いていない…
ということで、丁度そこにいたお客さんに聞くことに(^O^)
みなさん親切で丁寧に教えていただきました。

自分に合ったライフジャケットを着て足ひれを持って
ポンツーン横の階段を降ります。
そこには丁度海面と同じ高さに張ってある金網があり、
そこを足場にして海に入るようです。
網からは少しだけ海の中の様子が見えます。

椅子に腰掛け足ひれを履いて、さていよいよ海の中へ!
デジカメ持っていくんだった〜
お魚さん!逃げないで!

何ともイマイチな写真でごめんなさい(^^ゞ
実際の海の中はもっと綺麗で鮮やかでそして色が着いていました。
デジカメじゃなく、水中用の使い捨てカメラで撮ったので
色の補正が効かなかったんですね。
防水のデジカメならもっと鮮やかに撮れていたと思います。
珊瑚だって赤や黄色や紫など凄く綺麗でしたよ。

このシュノーケリングは大満足!
行く前まではシュノーケリングぐらいで楽しめるのかな?
なんて思っていましたが、そんな心配をしていた自分が恥ずかしいくらい
とてもステキな時間でした。

しかしながらこのシュノーケリングに悪いところがありまして
それは2つ。
一つはあまりに綺麗な景色をもっとよく見ようと顔を下に向けてしまうのですが
そうすると、シュノーケルの中に水が入ってきて海水を飲んでしまうこと。
もう一つは時間を忘れて遊んでしまうために、昼食を食べ損ないそうになったことです(^^ゞ

船にあがると、ちょうど昼食を片付け始めていたので、あわてて貰いに行きました。
すでにカレーしかなく、ちょっぴり残念。
フルーツやらなにやらいっぱいあったのに〜(ToT)
まあ、自分が悪いのですけれどね(^O^)

そんなこんなで、楽しい時間を過ごしたポンツーンでした。

あっそうそう、もうひとつ
雨季のこの時期は(1月〜3月)は『スティンガー』という
電気クラゲが大量に発生します。
防水ネットの中で泳ぐようにしましょう。
実は中で泳いでいたにもかかわらず、私も「ビシッ」とやられてしまいました。
最初は誰かに蹴られたのか?と思ったのですが、誰もいない・・・
そのうちやられた部分が重くなって、少し麻痺したようになりました。

そんなに毒は強くないので、冷やしておくと良いようです。

なんでも、このクラゲが発生する時期に泳ぐのは観光客だけなんだそうで、
地元の方は6月〜9月にかけて泳ぐんですって。
日本と一緒ですね(^O^)

あっそれとまたまたもうひとつ(^^ゞ
日焼け止めは忘れずに!
背中はもちろんですが、そのほかには
耳の後ろと、首筋と、二の腕の後ろと、ひざの裏と、足の裏に塗って下さい。
ジェイさんのツアーで一緒だったアリーさんからのアドバイスで
ここに塗り忘れたために、日焼けで皆「イテイテ」と言うそうです。
\(^O^)/忘れずに塗りましょう

あっ、今度こそ最後にもうひとつ。
行くリーフによってはTシャツを着て泳いだ方がいいようです。
珊瑚で擦り傷を作ってしまうようです。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
<% content.header -%>
オーストラリアについて旅行の準備ちょっとよこみち
アクティビティ 旅行関連SHOP紹介オーストラリアのリンク集
旅行記(初日)
日本から初海外゙へ!
旅行記(2日目)
観光列車〜動物探検ツアー
旅行記(3日目)
ヘリでG.バリアリーフ観光
旅行記(4日目)
ケアンズの店と街
旅行記(5日目)
ラフティング!!
旅行記(6日目)
日本へ帰る…の?
<% content.footer -%>
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。