2006年07月16日

3日目まとめ

3日目は主にグレートバリアリーフを堪能する事に重点を置きました。

グレートバリアリーフに行くには
船(高速船)で行くというのが普通なようです。
しかしながら、船からはあのステキな世界遺産の風景は見ることができません。
値段は尻込みするくらい高いですが(一人片道4万円ほど)
一生に一度のことだと思ってヘリコプターに乗ることをお勧めします。
(ヘリシーニック社催行です。借金してでも乗りましょう!)

グリーン島で遊覧飛行(10分)というのもありますが、
これにお金を払うくらいなら、
ケアンズ→グリーン島か
グリーン島→アウターリーフ
に行くヘリコプターに乗った方が料金的にもあまり変わりません。
(上記のコースなら3万円程度です。私はケアンズ→グリーン島→アウターリーフをヘリコプターでいきました)
船で行くよりもヘリコプターの方が早く着くので時間にも体力的にも余裕ができます。
ヘリコプターの予約はジェイさん経由で申し込みました(その時の詳細はジェイさんのツアーとはに書いてあります。

船は、はっきり言って酔います。
日本から酔い止めを必ず持って行ってください。
それと、冷房の効きすぎで寒いので何か羽織るものを一つ持っていくといいでしょう。
船に付いている貴重品ロッカーは財布が入る程度の大きさで『2ドルコイン』が必要です。
利用する場合は準備していきましょう。
アウターリーフに着いてから困るのが荷物の置き場所ですが、
荷物は誰も盗む人がいないようで、みんな船の中やポンツーンの椅子の上に置きっぱなしでした。


グリーン島で体験できるアクティビティ
・グラスボトムボート(船底がガラス張りで海中が見える:酔う)
・パラセイリング(二人がけの椅子タイプ:現地で予約)
・シーウォーカー(ヘルメットをかぶって海中散歩:簡単お勧め)
・シュノーケリング(ダイバーショップで貸し出してくれる)
・ダイビング(同上)
・クロコダイルパーク観光(小さな見世物小屋?)
・グレートバリアリーフ遊覧(ヘリコプターで10分間)

アウターリーフで体験できるアクティビティ
・ダイビング(事前に健康チェックがあるのでお酒は飲まないように。審査が厳しいです)
・スクーバドゥ(海中バイクに乗る。シーウォーカーのスクーター版。健康診査あり)
・シュノーケリング(これでも結構楽しめる。きれい。無料)
・半潜水艦(出航時間が決まっているので、確認しましょう:無料)
です。

水中で使えるカメラは持って行きましょう(27枚撮りでも足りないです)
できれば防水ケース付きのデジカメを持っていくと良いでしょう。
落下防止用としてストラップも忘れずに付けてきてください。
シュノーケリングするときはTシャツを着ていた方が良いようです。
珊瑚ですり傷などを負う方もいらっしゃるとのことです。
それと日焼け止めも忘れずに(^O^)『シュノーケリング』の記事を参照してください。

アウターリーフのことなどについては
この本にも詳しく書いてありますので、立ち読みなどしましょう(^O^)
るるぶオーストラリア―シドニー ゴールドコースト ケアンズ グレート・バリア・リーフ (’06)

本格的にグレートバリアリーフを堪能したい方
「ハミルトン島」などに泊まることをお勧めします。
ケアンズより南にあるリゾートアイランドです。
白い砂浜のホワイトヘブンビーチやハート型の珊瑚礁(ハートリーフ)を見ることができます。

最後に、
今日というこの一日は一生忘れる事ができないでしょう。
それくらい綺麗で美しい海でした。
できれば次はハミルトン島に泊まってグレートバリアリーフを堪能したいです。
贅沢でしょうかね(^^ゞ

ということで、3日目は終りです。
次はショッピング三昧の4日目となります\(^O^)/
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
<% content.header -%>
オーストラリアについて旅行の準備ちょっとよこみち
アクティビティ 旅行関連SHOP紹介オーストラリアのリンク集
旅行記(初日)
日本から初海外゙へ!
旅行記(2日目)
観光列車〜動物探検ツアー
旅行記(3日目)
ヘリでG.バリアリーフ観光
旅行記(4日目)
ケアンズの店と街
旅行記(5日目)
ラフティング!!
旅行記(6日目)
日本へ帰る…の?
<% content.footer -%>
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。