2006年07月30日

オーストラリアのチップ

海外に行ったときに迷うことの一つとして、
「チップ」を払うべきかどうか、そこが分からないですよね。
私も当然ながら分かりませんでした。
というより、今も分かりません(^^ゞ

それで今回はオーストラリアの「チップ」について、です

どこのホームページや書籍を調べても
「基本的にオーストラリアにはチップの習慣はありません」
と書いてあります。

ここで気になるのが「基本的に」という部分。
『どこまでが基本なの?そんな曖昧な説明しないでよ〜』
と思った方も多いはずです。

それで海外経験者に聞きまわりました(^O^)
その結果、海外旅行でチップを払う場合として分かったことは
1、タクシーやホテルで荷物を持ってもらったら払う(オーストラリアでは払わない)
2、レストランなどでは今でもどうしていいか分からない(笑)
3、何回も同じ人にサービスを受ける場合は払う
だそうです。
なんでもかんでもチップを払う必要は無い、とのお言葉をいただきました。
チップ代だけでも積み重ねるとバカにならないそうです。

ということで
オーストラリアで私がチップを渡してきたのは
ホテルのベッドメイクをしてくれた人に渡す
ということだけでした。
同じホテルに5泊したので、気持ちよく部屋を片付けて欲しかったのでそうしました。
1ドル〜2ドルだけでしたが枕元に置きました。

そのせいかどうか分かりませんが、毎日工夫を凝らしたベッドメイキングとちょっとした飾りつけのようなことをしてくれましたよ。

日本の仲居さんに「心付け」を渡すのと似ているでしょうか。

オーストラリアは日本と一緒。
そう思うと楽かもしれませんね(^O^)

ちなみにガイドブックには
特別に何かをしてもらった場合か
高級なレストランに行った場合払います、とのことでした。

でも、日本でもそうですよね(^O^)
謝礼というやつでしょうか。
基本的に・・・とはこういう意味なのかもしれないですね。

チップについての考え方は日本と同じということで良いでしょう。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
<% content.header -%>
オーストラリアについて旅行の準備ちょっとよこみち
アクティビティ 旅行関連SHOP紹介オーストラリアのリンク集
旅行記(初日)
日本から初海外゙へ!
旅行記(2日目)
観光列車〜動物探検ツアー
旅行記(3日目)
ヘリでG.バリアリーフ観光
旅行記(4日目)
ケアンズの店と街
旅行記(5日目)
ラフティング!!
旅行記(6日目)
日本へ帰る…の?
<% content.footer -%>
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。