2006年10月18日

着いた!準備だ!急いで!

空はくもり。
でも何故か暑い!!
紫外線もびしびしと感じます。

バスは待ちに待ったタリー川の上流に着きました。
何でもレージングサンダー社さんのスタート地点は最も上流に位置しているそうで、
なが〜くラフティングを楽しめるそうです。

バスを降りると同時にライフジャケットとヘルメットを渡されます。
「ライフジャケットは絶対脱げないように!」
「ヘルメットもぴったり合うように調整してね」
と安全に関しては厳しい様子。
かなりのプレッシャーをかけてきます。

しかもおまけに『早く準備しろ!遅い人は置いていく』ときたもんです。
みんな初心者で不安がっている人が多いのに、
そんな事言われた日には
皆、あせってあたふたとする羽目に。

今思うと、スタッフの演出なんでしょうけど、
当日その場にいる人たちにはそんな冗談通じません。

ヘルメットやライフジャケットの装着も
「これでいいのか?」「どうやってこれ調節するんだ?」
と半ばパニックでした(^O^)

何とか装備を終えると、
その日のリーダーのもとへ一度集合します。
このとき、一緒に並んだ人達が今日一日の仲間となります。

リーダーは3人が日本人で後は外国の方。
英語が話せない人には日本のリーダーをつけてくれるらしいのですが、
この集合する時まで、誰がリーダーなのか誰が仲間なのか分からないので、
「日本人であってくれ〜」
と思いつつ集合場所に行きました。

そこに立っていたのは
バリバリの日本人。
「良かった〜」
このときは何も知らないのでそう思っていました(^O^)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
<% content.header -%>
オーストラリアについて旅行の準備ちょっとよこみち
アクティビティ 旅行関連SHOP紹介オーストラリアのリンク集
旅行記(初日)
日本から初海外゙へ!
旅行記(2日目)
観光列車〜動物探検ツアー
旅行記(3日目)
ヘリでG.バリアリーフ観光
旅行記(4日目)
ケアンズの店と街
旅行記(5日目)
ラフティング!!
旅行記(6日目)
日本へ帰る…の?
<% content.footer -%>
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。