2006年10月19日

いよいよスタート!

リーダー(ツアーガイド)さんの名前は『つよし』さん
ちょうど30半ばくらい。

とにかく喋りが面白い方で、ラフティング中はずっと飽きる事無く
過ごせるでしょう。
でも、でも、ですね、
このお方、困ったことに
ちょいエロおやじ」(^O^)です。
もしツヨシさんがガイドになった場合は、
女性の方は、かる〜いセクハラに遭うことを覚悟していきましょう。
『ハグ!ハグ!』
なんて〜のは当たり前で、言葉のセクハラはしょちゅうです。
そういった被害にあったときには、つよ〜い態度で臨むことをお勧めします(^O^)

集合場所から1チームごとにタリー川に向かって歩き出します。
ボート乗り場はバスの駐車場から少し下ったところにあるので
坂を下るようになるのですが、
途中濡れていて、道の悪いところもあるので
足元には十分注意していってください。

さて、ボートに乗り込んでからはお互いの自己紹介の後、ラフティングについての基本的なことを教えてもらいます。
ボートの乗り方、パドルの持ち方…、安全について…などなど
そして、これがラフティングの醍醐味の一つ
「前にこいで」
「右によって!」
「しゃがめ〜〜〜!!」
といった号令と共に体を動かし、みんなで協力してボートを操作するという、
この模擬練習をひたすらします。

外国のお方のガイドになった場合はこの号令は全て英語です。
予習していきましょう。
(後日調べてから、ここに英語の号令を書きます。少し時間をください)

さ〜てある程度できるようになったら、
の〜んびりとラフティングのスタ〜トです。

濃い緑色の川面をすい〜っとボートが滑り出しました。

*追記です
先ほどレージングサンダー社のHPをみてきたところ
インターネット予約の方のみ
当日のツアーガイドを指名予約できるようになっていました。
つよしさんのセクハラを受けたい方はぜひ予約をどうぞ!!
ちなみにHPの写真はかっこよすぎです。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
<% content.header -%>
オーストラリアについて旅行の準備ちょっとよこみち
アクティビティ 旅行関連SHOP紹介オーストラリアのリンク集
旅行記(初日)
日本から初海外゙へ!
旅行記(2日目)
観光列車〜動物探検ツアー
旅行記(3日目)
ヘリでG.バリアリーフ観光
旅行記(4日目)
ケアンズの店と街
旅行記(5日目)
ラフティング!!
旅行記(6日目)
日本へ帰る…の?
<% content.footer -%>
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。