2006年11月04日

いつの間にか〜その1

御飯を食べて満足したら、午後のラフティングが始まります。

ふと気付いたら、いつの間にか上空の雲はなくなっており
青い空が広がっていました。

ゆ〜ったり流れる川と周りの熱帯雨林と青い空。
カメラを持ってくるんだった・・・と思いました。
防水のカメラなら、携帯して持っていけるって、先に教えて欲しかった。
それくらい、素晴らしい景色でした。

午後のラフティングはグレード4の難所が午前より多くなります。
でも、この時には、みんなレベルアップしていますから、
なんという事無くクリアできるようになっていると思います。

でも、ですね、一箇所絶対みんながボートから落ちる地点があるんですよ。
それを知っているカメラマンが待ち構えていて
そのシーンをご丁寧にも撮ってくれます(^O^)
何で皆が落ちるのか?
それはですね、
ガイドの人がわざとボートから私達を突き落とすからなんです(-_-;)

余計な事するなあ〜ヽ(`д´)ノと言いたくなりますが、
全員必ず落とされます(^O^)

落ちるための準備として、
パドル没収、全員ボートの前のほうに座らされ、
なんとバックで、そのポイントへ向かいました。
絶対落ちる!と思ったのですが、
私達のボートはそのポイントをなんと一人も落ちる事無く
無事にクリアしてしまいました。

そうしたら、ツヨシさんが
「なんで、落ちないんだよ!、おちろ!おちろ〜!」
といって皆を突き落としたんです。
よほどくやしかったのでしょうね(^^)v

下流に流されてボートの戻った後、
他のボートの人が落ちるさまを見ていると、
ツヨシさんに突き落とされないで、自然に落ちていればよかったかな?
とちょっと残念な気持ちになりました。

だって、みんな歓声を上げて楽しそうに落ちているんですから。
このポイントでは、みなさんも素直に落ちてあげましょうね(^O^)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
<% content.header -%>
オーストラリアについて旅行の準備ちょっとよこみち
アクティビティ 旅行関連SHOP紹介オーストラリアのリンク集
旅行記(初日)
日本から初海外゙へ!
旅行記(2日目)
観光列車〜動物探検ツアー
旅行記(3日目)
ヘリでG.バリアリーフ観光
旅行記(4日目)
ケアンズの店と街
旅行記(5日目)
ラフティング!!
旅行記(6日目)
日本へ帰る…の?
<% content.footer -%>
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。