2006年11月23日

着替えましょう(@_@;)帰りましょう

ラフティングが終わったあとは着替えてバスに乗ります。
でも、ここで問題が一つ、
なんとこのラフティングツアーでは
着替えるところがありません!!
更衣室が無いんです。

ということで、物陰に隠れて着替えをするしかないのですが、
男の人はそんなに気にする事無く着替えが出来ると思いますが
女性の方には少々厳しいものがあると思います。
ですので、女性の方は忘れずに着替え用の体を隠すバスタオルを持っていきましょう

もし忘れてしまった場合はそのまま着替えずにバスに乗っても良いかと思います。
水着を着替えないでバスに乗った場合
座席が濡れないようにビニールのシートを貸してくれます。
そして、バスは行きに立ち寄った
あの「休憩所」(←レーシングサンダーカフェだそうです)に行きます。
20分くらいで到着するので
そこについてから、トイレで着替えるのもいいかもしれません。

このカフェでは、ラフティングの最中、
カメラマンが撮ってくれた写真を購入することになります(@_@;)
買わなくてもいいんですが、でも皆、記念に買うようです。
商売上手ですね。
CDでも販売してくれますので、グループの方はこちらを買って後で皆に配るほうがいいでしょう。
(CDはたしか45$か60$だったと思います。たかいんですよ〜)

ここで休憩を取った後(1時間はいたと思います)
後はバスに揺られてケアンズに帰ります。

この帰りのバスの中や、先ほどのカフェでは
のどが渇きます。
水は忘れず持って行きましょう。
それと体が思ったより冷えていますので何か体にかけるものが必要です。
先ほどの着替えに使ったタオルはここでも活躍しますので、やはり忘れずに持って行きたいですね。

バスの中では、今日の感想を書いて欲しいと、ノートをまわされ
そして何故かオーストラリアワインの販売まで・・・
こっちは疲れているのにねえ。
ということで、
そんなものにはかまっていられないといった様子で
バスの中のほぼ全員がふか〜い眠りに誘われていました。

当然のことながら、ケアンズについた頃には
先日見た「みんな死人のようにぐったりしている」
バスとなっていたのは言うまでもありませんでした。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
<% content.header -%>
オーストラリアについて旅行の準備ちょっとよこみち
アクティビティ 旅行関連SHOP紹介オーストラリアのリンク集
旅行記(初日)
日本から初海外゙へ!
旅行記(2日目)
観光列車〜動物探検ツアー
旅行記(3日目)
ヘリでG.バリアリーフ観光
旅行記(4日目)
ケアンズの店と街
旅行記(5日目)
ラフティング!!
旅行記(6日目)
日本へ帰る…の?
<% content.footer -%>
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。