2006年03月30日

ケアンズ、オーストラリアお勧めのお土産リスト

オーストラリアに行っても、お土産は何を買っていいのか迷いますよね。
そんな訳で「オーストラリアならではの、こんなお土産がありますよ」
というのをここで紹介したいと思います。
主にケアンズのお土産ですがオーストラリア全土で通用するお土産もあると思います。
ちょっと高いお土産から、ばら撒き用の安いお土産まで(^O^) どうか参考になさってください。
出発前にお土産をカタログで注文していくのが普通となっていますが
そうではなくて、現地で!と言う方向けのお土産を列挙します。
宅配お土産を見て見たい方はコチラからどうぞ

品名

説明

砂糖 ケアンズにはさとうキビ畑が広がっています。スーパーで買いましょう。
JTBで勧められる。岩塩。一つ5ドル。
マンゴーtea  いい香りです。ただし製造国を確認の事。
イギリス製のものが沢山あります。
コーヒー ケアンズコーヒー。厳密にはケアンズで作っていません。
貴腐ワイン あま〜い飲み口にはびっくり。
日本の貴腐ワインは1本数万円単位、オーストラリアは40ドルほど。
まとめ買いすると日本に送料無料で送ってくれる店もあります。
税金もお店が負担してくれました。
お土産カタログなどでも取り扱っていますが(カラカラワイン:金粉入りの貴腐ワインのこと)、ワインのビンなどの雰囲気は現地の物の方が良いです。味も心なしか現地の方が良かった。
カンガルーの
革製品
バッグや小銭入れなど。カンガルーの毛は触り心地が良い。
これも製造国を確認してください。オーストラリア製ではない場合も。
カンガルーの
金た○袋の巾着
・・・かなり有名なお土産のようです(-_-;)カンガルーのオスの大事なところの皮を使った小物入れ。結構高い。一袋20ドル位です。
5袋パックで50〜60ドルなので、こちらを買った方がお得。
大切な物を入れるのに使ってくださいとの事。
これも製造国を確認の事。OKギフトのものは安いですが・・・・
各種ジュース これは洗剤か!?と最初に見たら思うはず(^O^)
大ウケすること間違いなし。現地で確認してください。
ティムタム これはとても有名なチョコレートのお菓子。
宅配お土産でも売っていますので、現地で買い忘れた場合はこちらで。
でも、日本のスーパーで売っている所もあります(-_-;)
大きなタオル 女の子がサーフィンしている絵の大きなタオル
名前は分かりませんがOKギフトやその他のお土産屋さんでも売っていました。(あちらでも、日本でも知られているキャラクターらしい)。
一番安いのはオーキッドプラザ1階にあるお店です。
ジャーキー カンガルーやエミュー、クロコダイルがあります。
試食はしましょう。エミューは苦手でした。
コアラの糞のお守り これもオーストラリア限定のお土産。
コアラの糞はお守りになるんですって(@_@;)。
買い物用袋
(エコバッグ)
日本でも当たり前になってきた、買い物用のマイバッグ。
1つ1ドルを切るものが多数なので、大量にお土産として買って行くと言う荒業も可能(^O^)折りたためて、かさ張らない。

2006年03月31日

オーストラリア!!・・・って??

オーストラリアに行く!
と決まったものの、
「どのプランにしますか?」
と訊かれて
「??」
「????」
オーストラリアに行くって決めたら後は何も考えずに
プランや観光地や日程やらが決まると思っていた自分。

この質問を投げかけられて、はじめて
オーストラリアに行くといっても、
そのオーストラリアの中でどこに行くか決めなきゃならないんだ
と気づかされました。
当たり前だよねえ。
海外に行くって事でかなり舞い上がっていたみたいです。恥ずかしいちっ(怒った顔)

ということでJTBでパンフレットを新たにいただいて
家でじっくりオーストラリアについて勉強する事になりました(^^ゞ

2006年04月01日

オーストラリアって広いなあ

エアーズロックがあって、日本とは四季が逆。
カンガルーとコアラがその辺にゴロゴロ。隣にはニュージーランドがある。

これが最初の頭の中にあったオーストラリアのイメージでした。
国土の広さなんて全く頭にイメージ出来ていない(-_-;)
6日もあればオーストラリアの大抵の所は観て周れると思っていましたから。

家に帰ってからもまだ行き先はすぐに決まるだろうと
気軽にパンフレットに目を通していた自分。

なになに?
ケアンズがあって、ゴールドコースト行ってシドニー行くのが一般的?
所要日数最低で7日間???!!
エアーズロックはどうしたんだ?
じゃあ、間にエアーズロック入れると・・・
ハミルトン島ってなんだ?コアラ抱っこかあ
クーパーピディ(水曜どう○しょうで紹介されていた)にも行きたいなあ
パースってなんかよさそう
メルボルンは歴史ある町並みなのかあ
・・・・・・
・・・

パンフレットを何回か読み直したとき、
「おいおい、全部回る気になったら最低でも1ヶ月は休み欲しいぞ」
「くそ〜移動ばっかりになってしまう」
「有名な観光スポットを把握しないと駄目だな」
と、ようやくオーストラリアの広さを感じ取る事が出来た自分がいました。

そこからは早かった。
とりあえず本を買ってこよう!
そしてネットをフル活用!
久しぶりに充実した日々が始まったのでございますわーい(嬉しい顔)
楽しいですね、こういった時間ってさ\(^O^)/
なんとなく旅行にハマル方達の気持ちが分かったような気がした2週間でした

2006年04月02日

オーストラリアの観光地

オーストラリアの観光地を調べて見ました。簡単ですが紹介します。

ケアンズ
  オーストラリアでも人気の観光地
  世界遺産のグレートバリアリーフ(全長2千`もある珊瑚礁)
  世界の車窓からで有名なキュランダ観光列車がある
  
ハミルトン島(グレートバリアリーフにある島)
  各主要都市からの飛行機でのアクセスができる。
  周辺のリゾートアイランドへの玄関口。
  ハートリーフ(ハート型の珊瑚礁)やホワイトヘブンビーチに行くなら
  ぜひ!

ゴールドコースト
  全長70キロにも及ぶ砂浜が有名。晴れの日が1年間で300日ある。
  世界遺産の砂で出来た島フレーザー島がある

シドニー
  オーストラリア最先端を行く都市。オペラハウスが有名
  アメリカの雑誌でもう一度行きたい都市No.1に選ばれた事がある

メルボルン
  英国ビクトリア調の街並み、聖パトリック大聖堂などがある。
  グレートオーシャンロードなどの自然も見に行ける

タスマニア島
  島独自の自然があふれる島。大自然を満喫したいのならぜひ!

パース
  西オーストラリア最大の都市。ブラックスワンなどの珍しい動物が多い。
  ロットネスト島とピナクルズやウェーブロックなどの独特の景色も楽しい

エアーズロック
  言わずと知れた一枚岩。ウルルと呼ぶほうが今は普通となっているらしい
  夜明けの景色はまさに絶景と言うにふさわしい

クーパーピディ
  最近行く人が増えている。オパールを採掘していた。
  その坑道?を利用しての地中ホテルはあの水曜どう…で紹介されていた

オーストラリアは自然がたっぷり、そして世界遺産が沢山あると言う事を今更ながらに学びました。ほんと、すごい。
そしてそんな自然に魅かれて日本からも沢山の方があちらに移り住んでいる事も分かりました。
オーストラリアよ、そんなに魅力的なのかい?わーい(嬉しい顔)
はやくいきたいよ〜晴れ眼鏡バー

2006年04月03日

絞り込む

オーストラリアの何処に行こう?迷うところです。
旅行の期間は7日間。
一番近いケアンズで日本から7時間の飛行時間。
となると、実際に現地で動けるのは移動日を除いて5日間ほど。

さ〜て、どこにしようかな?
一般的なコース
「ケアンズ」→「ゴールドコースト」→「シドニー」はとてもじゃないけれど無理。
移動ばかりになって落ち着けない。

となると、観たいところを限るしかないようで。
今の所はウルルとグレートバリアリーフを見たい。
なんてったって世界遺産ですから(^^)

でも調べてみると、
「ケアンズ」→「ウルル」は良いとしても
「ウルル」 →「日本」という飛行機はないので(勉強不足だったらごめんなさい)
「ケアンズ」→「ウルル」→「ケアンズ」になる。

出来れば移動は2回以内にしたい。となると一気に
「ウルル」→「ケアンズ」か「シドニー」
もしくは
「ケアンズ」→「シドニー」か「ゴールドコースト」となる・・・
あれ?ウルルはどうした?

う〜ん、めんどうくさいぞ。

考える事数時間。時計
出た結論

最低グレートバリアリーフをみられればいいや!
ウルルは岩だし、観た後は他に行く所がない、ならばまたいつか行けばいい。
それに2箇所以上泊まるって事は荷物を毎回移動しなきゃならないし
それに掛かる時間ももったいない。半日はつぶれるハズ。
初めての海外だし、初心者にお勧めの場所らしいから・・・
つーことで、ケアンズのみに決定〜!!

今思うと、なんともまあ単純な決断なんだろうと思います。
ウルルはいいよ〜、と旅行から帰ってきてからよく言われます(^^ゞ

2006年04月04日

ケアンズについて〜観光地、アクティビティ

(ケアンズのアクティビティの詳細は「ケアンズのアクティビティ」にまとめました。)
ケアンズ1箇所に絞ったのはいいけれど
さ〜て、ケアンズだけで5日間も飽きずにいられるのかな?
どれどれ?ケアンズについてよく調べる必要があるな。

今度はオーストラリアと言う広い範囲ではないのでじっくり調べる。

ケアンズ
人口12万人ほどの小都市。
雨季がある亜熱帯気候。一年を通して暖かい。
オーストラリアの方から世界中の方まで皆に愛されるリゾート。
そして観光ツアー(アクティビティと言うらしい)が豊富。

・グレートバリアリーフに行って珊瑚礁を見る!
・海をもぐる!島に行く!
・キュランダ観光列車で景色と熱帯雨林を眺める
・スカイレールと言う世界一長いロープウェイで熱帯雨林を空から観光
・タリー川、バロン川でラフティング(川下り)を楽しめる
・カンガルーやコアラ、カモノハシなどの動物を楽しめる?!
・コアラ抱っこが出来る。
・熱帯雨林を走るアーミーダックツアーがある
・朝早いが熱気球で雄大な大地を楽しむ(アサートン高原)
・ゴルフもどうぞ

ちょっと調べただけでこれだけ面白そうなツアーがざくざくでてきました。
もしかしたら5日間じゃ足りないかも。
海外初心者向けと言うだけあって
いろんなツアーには日本語を話せるスタッフがいるらしいし
こりゃ〜いい旅になりそうだ!
<% content.header -%>
オーストラリアについて旅行の準備ちょっとよこみち
アクティビティ 旅行関連SHOP紹介オーストラリアのリンク集
旅行記(初日)
日本から初海外゙へ!
旅行記(2日目)
観光列車〜動物探検ツアー
旅行記(3日目)
ヘリでG.バリアリーフ観光
旅行記(4日目)
ケアンズの店と街
旅行記(5日目)
ラフティング!!
旅行記(6日目)
日本へ帰る…の?
<% content.footer -%>
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。